闇金に関する情報

カラ貸しについて

投稿日:

いきなり身に憶えの無い請求が来た時の対処法

 

架空の債権回収業者を名乗り、「債権譲渡された未払いの借金を払ってもらう」として、身に憶えの無いお金の支払い請求を通知してくる手口が目立って増えている。少し前から「インターネットのアダルトページ閲覧に絡む架空の利用料金請求詐欺はあったが、その新たなバリエーションの1つとも言える。


 請求をかける相手は、主に「信用情報が“ブラック”の人」となる。“ブラック”の理由は様々あるが、債務の長期延滞や多重債務、弁護士介入、自己破産などがきっかけで登録されたブラック情報が名簿屋に流れ、それをヤミ金融業者や架空請求詐欺グループ、暴力団などが悪用しているようだ。

どうやら名簿屋にある“ホワイト”情報を含むあらゆるリストが使われているようで、最近では過去にも現在にも一切事故が無い(ブラックではない)人からも被害報告が入るようになった。

そうした名簿屋の情報が元になっている場合、大抵 ?請求通知はダイレクトメール(ハガキや封書) ?具体的な債権の情報(元の債権者名や金額など) といった特徴がある。名簿屋によってはリストアップされる情報の細かさや新しさが違うので、ケースによっては元の債権者名や金額が書かれる場合もあるが、やはり正確なものではない。

中には、当て推量で大手消費者金融の名前が記入されているが、「自分は借入が複数あるが書かれている会社だけは借りていない」なんて“お笑い”もあったりする。

要するに、請求を出す者たちは、「現在」の名簿掲載者の状況をほとんど把握しておらず、入手したリストにある住所・氏名に片っ端からダイレクトメールを送っているわけである。そして、「誰が騙されて電話を掛けてくるか」を待ち構えているのである。

「罠はあちこちにばら撒くが、その時点ではターゲットは決まっていない。罠にかかって電話を掛けてきたら、その時点でその人がターゲットになる」

というのが手口であるから、対処法はおのずと

『問い合わせやクレームの電話など、一切のアクセスをしないこと』

となる。司法書士や弁護士のアドバイスでは、

「相手業者に電話して、はっきり支払い拒否の意思表示をした方が良い」

という話も聞いたことがあるが、手口が前述のようなものである以上そのアドバイスはマズいと思う。意思表示はできても、相手が相手だから「そんな要求には応じられない。

払わないって言うんなら、周りの者や勤務先に電話することになるが、いいか?」とか「紳士的に話が出来ないんなら、ヤクザをそっちへ送る」なんて脅迫電話や嫌がらせが続くようになる可能性が高い。


 とにかく、前述のように身に憶えの無い債権回収の通知は、それがダイレクトメールなどであればアクセスは一切せずに即ゴミ箱へ送ってしまうのが一番である。


● 前述したような、名簿屋の販売リストを元にした請求手口以外に、もう1つ「ヤミ金融業者の偽装請求」といった手口もある。

この場合ターゲットにされる人は、偽装請求を受ける前に自分からヤミ金融業者にアクセスしていることが多い。

また、請求の連絡が、書面ではなく直接電話によって入るのも特徴だ。 この場合は、具体的に請求金額を伝えられる。

しかし、きっかけとなったもともとの借入額や請求額がデタラメであるから、

「延滞料金が付いて・・」

などとして請求される金額も輪をかけてデタラメな金額である。完済や和解で終了したはずの過去の債務を、

「実は終わっていない。その業者とどんな和解をしたか知らないけど、ウチはその業者とは関係無いし、買い取った債権の回収をするのが仕事だから」

なんて言って蒸し返すケースもある。ヤミ金融業者は「ウチはそのときの業者とは関係無い」と言うだろうが、大抵は同一業者かグループの仲間である。特に、

「大したトラブルも無く完済」

といったような“良いカモ”を、ヤミ金融業者のような輩がみすみす手放すとは考えにくい。とにかく、

「請求者を架空の会社にして、摘発を逃れよう、追加請求をしてやろう」

というのが、このタイプの請求の狙いだと思われる。


 先に説明した「名簿屋の販売リストを元にした請求手口」の対処法とは逆に、「ヤミ金融業者の偽装請求」の場合ははっきりと拒絶の意思表示を相手に伝えることが必要になる。

すでにターゲットにされてしまっているのだから、何とか的から外されるように反発しなければならない。

-闇金に関する情報

Copyright© 闇金解決のための相談窓口 , 2019 AllRights Reserved.